一生歯を残せる歯医者の選び方がわかるサイト

空気を飲み込み過ぎている

呑気症かも

不安や極度の緊張でお口を結んだり、すぼめたりするサインが出ている時は、口内も狭くなり舌が上顎に寄って唾液が喉から流れ、空気を伴って無意識に呑み込むのが原因で、空気がおなかの中に溜まります。
頻繁にツバを飲み込んでばかりいると、ゲップやお腹の膨満感、胃の不快感、頭痛がおこり、どんき症(呑気症)になってしまいます。
あまり知られていないので、ネットの情報などを印字して病院に持って行って説明する方が早く伝わる可能性もあります。
原因が空気を過剰に飲み込むことであるので、異常は見つからず、それどころか内科などでお腹の中のガスを減らす薬や整腸薬を貰って帰っても全く治らず不本意な人も多いそうです。
お腹の中のガスや膨満感等も、高齢者などは苦しがり便通にも関係し体調が悪くなり易いので注意が必要です。

歯ぎしりや噛みしめからも別の不調に

空気を無意識に呑み込む癖を改善できると治り易いそうです。
原因とされるストレスを減らし、噛みしめる癖を自覚して治し、就寝中の歯ぎしりは歯科医院でマウスピース等を歯形をとって作って貰って装着すれば改善する可能性があるので、早く診察を受けて下さい。
噛みしめや歯ぎしりで、首や顎の筋肉が唾液腺を刺激して唾液が多く分泌されるので、さらに飲み込むことが増え、空気の呑み込む頻度や量も比例して増えるため、身体の中で悪循環が起こります。
ストレスによる噛みしめなどであれば、心療内科を思い浮かべることもありますが、少し抵抗があるのであれば歯科医院に行き相談して、自分の自覚の元に、噛みしめないための動作で上下の歯の空間を作って接触しないようにしたり、普通を意識して定位置の舌の先を前歯の裏につけてお口の中に空間を作ることも、有効です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る